Live Searchブログ

Live Search(リブ・サーチ)がお届けする不動産会社向けの空室の撮影・物件の写真などについての記事メディアブログです。

不動産会社が知っておくべき不動産写真の掲載ルール【物件写真とおとり広告】

f:id:live-search:20191028170640j:plain

 


不動産会社にとっては、不動産の物件情報をホームページやポータルサイトに掲載して集客するのが当たり前になっていますが、その時に使用する『不動産写真』のルールについてです。

 

 

不動産業界にはポータルサイト広告適正化部会という公正取引協議会が適正な広告を推進していくための団体があります。

 

 

おとり広告を取り締まるために ポータルサイト広告適正化部会が細かく定めているルールがあるので、行政処分を受けないようにしっかり把握しておきましょう。

 

 

 

◼️同じタイプのキッチンでも配置が逆など募集中の部屋の状態と異なる場合は写真を使用してはいけない。

 

f:id:live-search:20191028173258j:plain f:id:live-search:20191028173316j:plain

 

たとえば、この物件のように(左側が募集中の空室とします)、反転タイプの間取りの部屋は同じ建物にもよくあります。

キッチンのコンロ・シンクの配置が反転している別の部屋の写真を掲載することは禁止されています。

原則として、募集中の部屋の写真を掲載しなければなりません。

なので、この場合はたとえ右の部屋の写真を持っていても、左の部屋を募集するときは右の写真を使用すると「おとり広告」の対象となります。

ただし募集中の物件と同物件で、全く同じ間取りで、全く同じ設備(配置や型も)の写真であれば使用可能です。(※ただしキズや汚れも同程度であることが条件です)

 

参考:http://hamafili.com/kensyuu-6/

 

 

 

◼️新築時のパースの写真などでエンドユーザーが誤認するような写真は使用してはいけません。

築年数が10年以上経っているのに、新築時のパースの写真を使用している広告などもよく見かけます。

築年数が経てば、経年劣化で新築時と全く同じ品質ではないです。

この場合も現状の写真を使用しなければならず、「おとり広告」の対象になる可能性があります。

 

 

 

◼️「実際のものとは異なります」などのコメントを入れて掲載する。

これも写真や間取り図などで多く見かけるケースです。

間取り図などは同建物の別タイプの部屋の間取りを使用し、物件情報のコメント欄に「※実際のものとは異なります」などと記載してある広告をよく見かけます。

これも上記のパースと同様、現状のものを使用しなければならず、実際に取引する物件よりも優良と誤認されるような情報を用いれば「おとり広告」の対象となります。

 

参考:https://www.sfkoutori.or.jp/portal_bukai/webkanri/kanri/wp-content/uploads/2019/08/20190821-keihatsu-1.pdf

 

 

 

◼️エンドユーザーが誤解しないように物件や部屋の現状を掲載しなければならない

上記のようにコメントが入っている掲載は何も問題ないと思っていた不動産会社の方が多いと思います。

でも『少しくらい違っても大丈夫でしょ』ではダメなようです。

実際にSuumoの記事でも解説されています。

 

参考:http://business.suumo.jp/mimiyori/soudattanoka/201506/

 

 

 

◼️年々強化される『おとり広告』の取り締まり

写真の他にも、文章・家賃などの入力間違えで『おとり広告』として取り締まりが行われます。

システム連動していて自動的に掲載されている場合でも、もしその情報が誤情報であれば、管理不足で処分が行われるようです。

 

実際にポータルサイト広告適正化部会は2014年からおとり広告の取り締まりを開始しています。

おとり広告を行った不動産会社は停止措置処分として1ヶ月以上の不動産ポータルサイトの利用禁止か、罰金処分を受ける場合もあります。

 

毎年2000件以上の物件がおとり広告として取り締まられており(700社以上)、2014年当初は首都圏内での取り締まりがメインだったのが、今では全国的に範囲も強化 されています。

 

 

 

◼️最後に

今後は、おとり広告の取り締まりがより強化されると思うので、今までのように過去の写真を使用したりすることは、行政処分の危険もあります。掲載ルールには注意が必要です。

 

物件写真撮影・間取り図作成代行サービス紹介 | LiveSearch

お問い合わせ|Live Search

 

物件写真で閲覧数が4倍上がった話

f:id:live-search:20191004191736j:plain

 

「反響が増える物件写真の撮り方」は不動産会社の方であれば、一度は調べたことがあると思います。

自社スタッフが撮影しても、なかなか反響が増えないと悩んでいる会社も多いのが現状です。

 

不動産情報サイト事業者連絡協議会(略称RSC)の調査結果によると、物件を探す際に写真がいかに重要なのかということがわかります。

 

 

 

Q.問い合わせや訪問を行う際に不動産会社を選ぶ時のポイント・気にする点は?またその中で特にポイントとなるものは?

1位:写真の点数が多い(79.9%)

2位:店舗の立地(50.5%)

3位:物件の掲載件数が多い(44.8%)

4位:デメリットについてもわかる記載がある(32.5%)

5位:部屋の雰囲気が分かる動画が付いている(27.8%)

6位:地元で知名度のある会社である(27.3%)

7位:不動産会社の担当者自身が見学した際のリアルな感想が語られている(25.3%)

 

※不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC):「不動産情報サイト利用者意識アンケート」から引用

 

 

写真が多いというのはエンドユーザーにとって、不動産会社の立地や知名度よりも重要なようです。

物件写真が多いと相当な安心感を与えるということだと思います。

 

 

 

◼️同じ部屋の写真を替えたときの反響を調査

株式会社Live Searchは、

福岡市にあるA物件のお部屋を、片方はa社の不動産スタッフが撮影した物件写真、もう片方はb社の代わりにLive Searchが撮影を代行した物件写真を使用して反響などの調査をしました

f:id:live-search:20191004175049j:plain

 

左が不動産会社a社の写真で、右が弊社の写真です。

ブログサイトの関係上、画質が悪いですが、外観からその差は歴然です。

写真の見やすさ、枚数の多さ、全てにおいてb社の方が充実しています。

 

 

 

1ヶ月調査をし、掲載情報の閲覧数を比較した時に

a社         102PV

b社(Live Search) 420PV

と閲覧数で4倍の差がありました。

 

 

そして、契約も決まりました。

家賃なんと60万以上!!

 

 

閲覧数が増えるということは、

反響の可能性が増えるということ。

 

反響数が増えるということは、

契約の可能性が増えるということ。

 

 

エンドユーザーから物件詳細のボタンを押してもらえない物件写真の価値はない!!  

実際に物件の写真を変えた(不動産スタッフ→プロ)だけで、家賃60万の物件の契約を獲得できたという話でした。

 

 

◼️最後に

物件の撮影に精通しているカメラマンが物件の撮影をするだけで反響数などがここまで大きく変わります。

株式会社Live Searchは物件情報を入力するだけで、カメラマンが不動産管理会社様の代わりに物件の撮影・間取り図の作成を代行するクラウドサービスを運営しています。

反響を増やしたい、入居率を上げたい、なかなか決まらない物件がある不動産会社様はプロによる撮影を検討してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ|Live Search

 

物件の撮影はなぜ重要なのか?

f:id:live-search:20190919171948j:plain


株式会社Live Search(リブ・サーチ)です。

 

当社は不動産業界特化型の「物件撮影・間取り図作成代行システム」の開発をしていますが、不動産業界で「物件の撮影業務」を外部にアウトソーシングするということがまだまだ一般化されていないということもあり、

 

物件写真は昔撮影した写真を使えばいいでしょ

「自社のスタッフが撮りに行くから大丈夫」

 

などと言われることが多々あります。

 

これまでたくさんの会社と話す機会がありましたが、物件写真の重要性を本当に感じている会社は極めて少ないと思っています。

この記事では「物件の撮影の重要性」について書きますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

◼️部屋探しの流れ

例えば、パソコンが欲しいと思った時、どういう流れで商品を買いますか?

 

『ネットで商品の価格・機能などについて調べる→家電量販店などに行って実際に触ってみる→アマゾンで購入する』

 

この流れで商品を買ったことがある人は多いと思います。

 

部屋探しの場合は

『不動産ポータルサイトで家賃・写真などを見て調べる→不動産会社に問い合わせ→不動産会社に行き、スタッフと一緒に内見→申し込み』

が一般的な流れです。

 

 

 

◼️これから変わる部屋探し

不動産業界もIT化、IoTなどによって変革しています。

これから不動産会社とお客の接点回数は確実に減っていくと思っています。

 

先ほどのパソコン購入の流れを思い出してみてください。

ネットで情報収集し、アマゾンで購入したら家電量販店のスタッフとの接点がほとんどなく商品を購入していることになりますよね。

 

これから部屋探しでも同じことが起こります。

スマートロックが賃貸物件にも普及し、セルフ内見というものが当たり前になるだろうと。。

 

その時の部屋探しの流れは

『不動産ポータルサイトで家賃・写真などを見て調べる→内見予約→一人で現地内見→申し込み』

こんな風になります。 

 

不動産会社と部屋探しをする人が「対面」で会う機会が申し込みまで1回もないということが当たり前になるかもしれません。

 

 

 

 ◼️「対面」で取引することがなくなったら

物件探しから内見まで、不動産会社と「対面」で話すことがなくなるということは、部屋探しをする人が見たい物件だけをいつでも内見することができることになります。

 

今まで部屋探しをしたことがある人の中で、問い合わせをした物件とは違う物件を内見したことがあったり、契約したことがある。なんて経験はありませんか?

 

不動産会社のみなさまも「A物件の空室の問い合わせが来たけど、B物件の空室の方が入居者を早く決めて欲しいんだよね。このお客さんの希望条件と近いからB物件の内見も入れてオススメしてみてよ」なんて上司に言われた経験ありませんか?

 

セルフ内見が当たり前になればそういうことも難しくなるでしょう。

 

 

 

 ◼️物件の撮影の重要性

 不動産のIT化が進めば、物件写真は今以上に重要になります。

物件情報を見て、お客様に「内見したい」と思ってもらうために重要な情報はなんでしょう。

家賃?

 -いいえ。ポータルサイトはまず家賃を絞り込むので決め手が家賃だということにはなりません。

 

初期費用?

 -初期費用は決め手の一つです。ですが細かな初期費用がちゃんとわかるポータルサイトはあまりありません。

 

物件写真です。

部屋の写真はもちろんですが、それだけではなく共用部分や、その建物の魅力的な部分の写真など細かく豊富な情報を見せることが大事です。

 

今までは『ポータルサイトから問い合わせを獲得する』のが重要だったかもしれませんが、これからは『内見予約を獲得する』ことが不動産会社にとって重要になります。

 

その時に「今まで物件を撮影してないから物件写真があまりない...」なんてことになったら終わりです。

 

そのためにも物件の写真データを蓄積することは今後のための投資だと思っています。

 

 

 

◼️最後に

当社は簡単な物件情報を入力するだけで物件の撮影に精通しているカメラマンが物件の撮影をしてくれる不動産管理会社様向けの物件写真撮影・間取り図作成代行システムを提供しています。

物件写真撮影・間取り図作成代行サービスに関する疑問や不明点があればお気軽にご連絡ください。

 

 

お問い合わせ|Live Search

 

ご挨拶(会社紹介)

はじめまして。

株式会社Live Searchです。

 

不動産会社向けの物件撮影・間取り図作成代行システム Live Searchを開発運営しています。

福岡発のスタートアップベンチャーです。簡単に当社の紹介をさせていただきます。

 

当社は、2016年9月に設立しました。

そこから不動産業界向けの物件撮影・間取り図作成代行システムという事業を行なっています。

 

f:id:live-search:20190912143808j:plain

 

◼️サービス開発に至った経緯

このサービスは当社代表が不動産会社で勤務していた経験を元に開発したサービスです。

物件写真は部屋探しをする人が内見したい物件を探す際に一番と言っていいほど大事な商品情報です。

物件写真で、部屋探しをする人に魅力を伝えきれなければ内見候補に選ばれることはありません。

 

不動産以外の業界でも「コンテンツ(商品)の見せ方」に力を入れているサービスは多くあります。 

例えば、ECサイトAmazonやZOZOなどは商品写真の撮影をプロのカメラマンが請け負ったり、出品用画像の細かなルールが決まっています。

ですが、不動産業界はというと物件写真を撮影するのはカメラの素人である不動産会社スタッフです。

 

 

物件写真の撮影って難しくないですか?

不動産会社で勤務する方は、一眼レフなどを用意していてもうまく撮影ができないと悩んでいる方は多いと思います。

当たり前です。

だって世の中はプロのカメラマンという職業があるくらいですから。

それを不動産会社のスタッフができるわけがありません。

 

 

なので、不動産会社が商品(部屋)の魅力をちゃんと伝えるとこができるように、撮影依頼(リクエスト)をするだけで物件の撮影に精通したプロのカメラマンが撮影・編集・間取り図の作成までしてくれる。そんなサービス「Live Search」を開発しました。

 

もちろんすべてウェブ化しているので、ご利用の会社様はパソコンで専用フォームを入力するだけで物件写真が納品されるという極めて簡単にプロの撮影した写真がダウンロードできるサービスです。

 

 

 

 

 ◼️ただ撮影するだけではないサービス

物件の撮影をアウトソーシングで行うことはLive Searchがサービスを開始する以前にも

・フォトスタジオなどに依頼する

・プロのカメラマン(フリー)に依頼する

などの方法で可能だったと思います。

 

ですが、当社のサービスは

・完全システム化により、低下価格(従来の撮影の1/10のコストでの撮影が可能)

・物件写真だけではなく間取り図の作成・採寸まで行う

・部屋の写真を見栄え良く撮影するだけではなく設備など、不動産会社にとって必要な写真も撮影する

のが特徴です。

 

 

当社では、ただ写真を撮るだけのサービスではダメということを常々意識しています。

 

不動産管理会社にとって重要なのは、

・入居率を上げたい

・空室期間を短縮したい

・管理物件数を増やしたい

・管理料を増やしたい

これに尽きると思います。

ただ綺麗な写真が欲しいという会社はないと。

 

不動産管理会社が事業を拡大していくには、入居率アップ・空室期間の短縮などを実現し、それがオーナーの収益性アップ・オーナーの満足度アップに繋がる、そして最終的にオーナーが新しい収益物件を購入することで管理戸数が増えるという好循環サイクルを生むと考えています。

 

そのためには不動産情報サイトなどへの広告も大事ですよね。

そして不動産情報サイトなどへ広告をする以前に、コンテンツ(物件写真)をきちんと準備することはもっと大事なはずです。

 

当社のサービスはただ撮影するだけではなく、業績につながる御社の物件写真撮影チームとして、加盟店様をフォローしています。

 

 

 ◼️最後に

当社サービスについての紹介をさせていただきました。

最後まで読んでいただき、物件写真の重要性や代行サービスという選択肢があることなど理解していただいたことと思います。

御社の課題や目標への参考になれば幸いです。

そして御社の業績アップに繋がることを心より願っています。

物件写真撮影・間取り図作成代行サービスに関する疑問や不明点があればお気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ|Live Search